クリエイター向けセミオーダー型パソコンデスク「KAKINE-カキネ-」の販売と見学予約ページ

こんな方におすすめです!

■YouTuber
■動画編集クリエイター
■ウェブデザイナー
■グラフィックデザイナー
■カメラマン
■ゲーム実況クリエイター
■ミュージシャン
■イラストレーター

など、パソコンを使ったクリエィティブのお仕事をされている方に特におすすめです。


KAKINE-カキネ-ってな~に?

私のデスクです

KAKINEは、機能フレームを用いて「空間」をあなた自身が自由自在に「デザイン」できるセミオーダー型パソコンデスクです。

テレワークが新しいビジネススタイルのひとつとなった今、ご自宅や狭小スペースでも、あなたのクリエィティブを最大限に引き出すパソコンデスクをお探しの方も多いのではないでしょうか?

KAKINEは導入場所に応じた寸法やお好みの仕様で製作するセミオーダータイプ型注文方式のため、世界に一つだけのあなた仕様のパソコンデスクを実現できます。

私自身も、広告制作や動画制作を行うクリエイターの1人です。
当社がKAKINEをご提案することで、新しい生活様式を歩まれているクリエイターの皆様のお仕事の生産性を上げるお手伝いができれば幸いです。

KAKINEの特長

①足元や机の上で煩雑になっていた電源コードやUSB充電ケーブルなどをフレーム側面に配置したコンセントやUSBポートに接続することで、すっきりとした作業スペースを実現できます。
また、各種配線はフレーム内部を通すことで、コードが絡まることがありません。

②これらの配線は電源プラグを普段お使いの壁コンセントやOAタップに接続するだけ。電気工事不要で設置ができます。

③パソコンモニターは、吊り下げたフレームに電源コードやHDMIケーブルを通せるため、モニター下に作業スペースが生まれます。

④KAKINEは導入場所に応じた寸法に変更ができます。
接続するオプションとして、コンセントやUSBの位置や数量もお客様の要望に応じて対応いたします。

写真ギャラリー

※写真タップで拡大

価格の目安

KAKINEはセミオーダータイプのパソコンデスクのため、当社に導入されたサイズ・スペックでの参考価格の目安を以下に掲載いたします。

ご興味をお持ちいただきましたら、メーカー担当者が、お客様にヒアリングの上、個別のお見積り書をご提示させていただきます。

■導入金額:99,000円(税込)
※モニター除く、送料、施工別

【詳細スペック・環境等】

■当社事務所へ導入
(12畳の部屋に1台導入)

■オーダータイプ:Dタイプ/プレーン

■フレームサイズ: 幅1085mm×奥行690mm×高さ1340mm

■デスク天板:幅990mm×奥行650mm
(当社で持ち込み。ホームセンターで購入しました)

■ モニター:24インチ×2台
(当社で持ち込み)

■オプション:USB充電ポート付コンセント4か所、配線隠しカバー

■塗装なし
(当社にて錆加工エージング後、クリア処理を行いました)

私が感じたKAKINEのすごいところ

ここでは、実際に、私が動画制作作業や広告制作作業をKAKINEで行って感じたメリットをご紹介いたします。

①モニターが浮いているからデスクを広々と使える

私の使用しているKAKINEのデスクサイズは、幅990mm×奥650mm です。モニター2台+ちょっとした作業スペースを確保するためには、今までは最低でも幅1200mm以上のデスクを使用していました。

しかしそれよりもさらにコンパクトサイズになりながらも、今までよりも広々とスペースを確保できています。それはやはり、モニターが浮いているからだと思います。

デスクに原稿を置き、ちょっとしたおやつやら飲み物を置き、その状態でも広々としたデスクで作業ができているので、とても快適です。

また、デスクの上がすっきりしているので、おやつをこぼしてしまったときなども、ささっと掃除ができてとても楽です。

②フレームに磁石がくっつく

たかが磁石、されど磁石。

私は以前整理収納系の資格を取得したのですが、空間をすっきりさせるためにはモノを「浮かせる」ということがとにかく有効なんです。
「死んでも床にモノを置かない」という本も出ているくらいです。そんなときに役に立つのが磁石です磁石があれば大体何でも吊るせます。

ホームセンターや100円ショップなどで強力な磁石を購入できますので、フックタイプの磁石にイヤホンやケーブルをまとめて引っかけてもいいですし、ペン立てなどに磁石を貼り付けてフレームにくっつけてもいいですね。そうすればデスクの上はいつでもすっきりしています。

マグネット付きの収納ケースなどは、キッチン用品売り場によく販売されていますよ~。ちなみに私はかわいい孫の手や、推しのアーティストのグッズなどをこっそり吊るしてあります。

③配線処理の苦労がなくなった

私はとにかく配線のごちゃごちゃを見ると「あ~、まとめたい!しまいたい!」と思ってしまうタイプの人間です。決して几帳面な性格ではなく、むしろガサツな方なのですが、なんか気になってしまうのです。
以前使用していたデスクでも、配線目隠しのためのちょっとした衝立を自分で地道に作成したりしていました。そういう人いませんか?気持ちを分かっていただけたら嬉しいです。

こちらのKAKINEはフレームの中に配線がすっぽり収納されているので、ごちゃごちゃ感から解放されます。

④錆がいい!

機能的にもとても優れた商品ですが、何より私の気に入っているポイントは見た目のデザインです。
特に錆です。私は自分のこのデスクのことを「サビネ(SAVINE)ちゃん」と名付けて呼んでいます。

どうして錆びさせたのかと言いますと、オーダーの打ち合わせの段階で、別のユーザーさんがフレームを錆びさせた写真を拝見したからです。その錆具合に一目惚れしてしまい「錆がいいです、錆びさせたいです!」と即決しました。

自分でフレームを野ざらしにして、雨風の力を借りて少しずつ錆びさせていき、錆が足りないところや雨が足りない時には、塩水を霧吹きで吹きかけ、手塩にかけて育てたデスクが、私の「サビネちゃん」です。

そして、たまたま某通販サイトで見つけた森柄タペストリーも「絶対私のサビネちゃんに合う!」と即買いし、私にとってこれ以上ないというほどの最高の空間が出来上がりました。

ここに座るといつもわくわくしてモチベーションが上がります。

導入時の風景

※写真タップで拡大

まずは当社にご見学にお越しください

もし、KAKINEにご興味をお持ち頂けましたら、まずは当社にご見学にお越しください。
実物をご覧頂き、実際に座ってみてもらい、KAKINEを体感してみてください。
見学当日は、私と、一緒に仕事をしている主人と、2人でお迎えさせて頂きます。

※ご見学頂くKAKINEデスクは、いわゆる「ショールーム用デスク」ではなく、私が動画制作や広告制作を実際に行っているデスクとなります。あらかじめご了承ください。

KAKINEの見学はご予約制となります。
お問い合わせページから、LINEもしくはインスタDMにてまずはスケジュールのすり合わせをお願いいたします。

お問い合わせページはこちら≫

当社の所在地について

当社は広告制作のフリーランスのため、事務所所在地は非公開とさせていただいております。
そのため、ご見学のご予約を頂いた方にのみ、住所をお伝えしております。
まずはお問い合わせページからご連絡をお願いいたします。

参考までに、当社事務所付近のランドマークとなる静岡県富士宮市の「城山公園」のGOOGLEMAPを記載いたします。
こちらをご参考にご検討頂ければ幸いです。

【事務所へのアクセスについて】
●お車でお越しのお客様
・東名高速道路「富士インター」から30分
・新東名高速道路「新富士インター」から25分

●電車でお越しのお客様
JR身延線「富士宮駅北口」から徒歩20分程度・タクシーで5分

【備考】
◆当社事務所には駐車スペースが1台ございますので、お車でお越し頂けます

◆JR身延線富士宮駅から徒歩20分程度です。富士宮駅北口までお越しいただければ車でお迎えにあがりますので、ご安心下さい。

当社付近の地図はこちら

GOOGLEMAPはこちら≫

KAKINE製造会社・㈱伊藤工業様のご紹介

当社はKAKINEの販売代理店となります。

実際の契約後の打ち合わせやKAKINEの製造は、静岡県沼津市に本社がある株式会社伊藤工業様が行います。

KAKINEはセミオーダーデスクのため、お客様からご依頼頂いた製品を沼津市の同社工場にて、ひとつひとつ丁寧に製作してまいります。

伊藤工業の社内とスタッフの皆様

KAKINE製造風景の動画です!

伊藤工業様 会社概要

会社名株式会社伊藤工業
住所〒410-0873
静岡県沼津市大諏訪651-3
電話番号055-943-5311
FAX055-923-5322
WEBSITEhttps://ito-industry.co.jp

様々な「KAKINE」のご紹介

当社スタジオリップルでは、当社でも使っている「KAKINE・個人向けDタイプ/プレーン」を販売しておりますが、伊藤工業様では、法人向け・個人向けなど様々なタイプのKAKINEを製造・販売されております。
当社販売の「個人向けKAKINE・Dタイプ/プレーン」以外の商品をご覧になりたい方は、KAKINEオフィシャルサイトをご覧ください。

KAKINEオフィシャルサイトはこちら≫

様々なKAKINEのイメージ写真

※写真タップで拡大

オフィシャルサイトのKAKINEのコンセプト

溶接・製缶・板金・3D機械加工など製造業に欠かせない加工技術で長年培われてきた技術をもとにして誕生した製品が「KAKINE(かきね)」です。

KAKINEは昭和の時代に敷地と敷地の境界に多く見られた「垣根」をコンセプトにして作られました。垣根は自分のスペースと他者のスペースを区切るという用途で使われますが、他者との関係性を完全に遮断するものではなく、適度なコミュニケーションが取れる比較的緩い境界として存在していました。

そんな垣根をオフィスに採用することでコミュニケーションが取りやすいスペースを確保しつつ、プライバシー保護や感染症対策に配慮しつつ、快適な作業空間を構築するために開発されました。