長持ちするものってなんだろな?

最後まで(なるべく長い間)手元に残るモノは何か?

それは、愛着のあるモノだと思います。

お気に入りのチェストがあれば、その中に収まる量で調整しようとします。

お気に入りのお鍋があれば、ついてない機能を補うように、自分で調理方法を学びます。

機能性、利便性、勿論大事です。

しかしそれらを上回る、新しい機能や利便性を持つモノが現れたときに、手放されてしまいます。

かといって、何でもかんでも自分の手で作っていくなんて難しいですよね。

お気に入りのモノのために、数十万、数百万円も出せないし、費やす時間もない。

整理収納のお話は、

「自分の人生において、何に重きを置いていくか」を見出だすための始まりだと思います。

日用品のモノの要、不要の区別から、自分自身のライフスタイルの形を発見して、

「あー私って案外こういうとこに価値を見出だすんだー」と気付き、

その気付きをライフスタイルに取り入れていくと、人生が豊かになっていくような気がします。

整理収納の観点とライフスタイルを組み合わせたものが「間取りんぐ」です。

自分たちは普段こんな生活をしているから、この部屋には収納がこれくらい必要かも。

むしろこの部屋はこんなに広くなくていいや。など…。

自分たちの生活に合わせて間取りを考えて、拘りや愛着をたくさん詰め込んで、

大好きな家で過ごす時間をかけがえのないものにしてほしい。

そして、大好きな家への恩返しとして、なるべく毎日綺麗にしてあげて過ごしてほしい。

そのための仕組み作りが間取りんぐです。