洗濯機の置き場所が生活スタイルの反映?

 

 

家事の中でもとくに手間や労力のかかるのって「洗濯」ですよね。

洗って干して畳んでしまって…。

今回は「洗濯」に重きをおいて洗面所の間取りを考えてみました。

 

①よくある2畳の広さで、洗濯機と洗面台が隣り合っているパターンですね。「脱衣場に洗濯機と洗面所がある」状態です。

この場合、洗濯物を干す場所は、洗面脱衣場以外ということになると思います。

浴室乾燥で乾かす派の方々には、洗濯→干す→乾燥という流れが最速になると思います。

なので、ベランダや庭など、他に物干しスペースがある場合には、濡れた洗濯物を持って干しに行くという動線が生じることになります。

 

②洗面脱衣場を3畳に広げてみました。右に物干しスペースを設けています。

ここに洗濯物を干して乾かしてしまうというパターンもあれば、ここで洗濯物をハンガーにかけ、

それをベランダや庭などの物干し場に持っていくというパターンもあると思います。

そういう場合には、物干しスペースが増えた分、たくさんの洗濯物が干せるようにもなると思います。

また、洗面所自体の広さもあるため、収納スペースを設置して

「必要なモノが多いわりに収納が少ない」という洗面所でよくある悩みを解消することにも繋がると思います。

 

 

③上のパターンに作業台を設置したパターンです。

干したものをその場で畳んだり、アイロン掛けをすることもできるようになると思います。

 

④洗面所と脱衣洗濯場を分けてしまったパターンです。2つの空間は行き来できるようになっていますので、

廊下→洗面→脱衣洗面→廊下という回遊動線が出来ています。

例えば…洗面所で歯磨きをしている人と、洗濯をしている人が同じ空間にいないので、

朝の身支度で忙しい時なども、お互いが広々とスペースを使えますね。

脱衣洗濯スペースで物干しができるようになれば、さらに効率的になると思います。

 

そして、これらの洗面所と物干し場を家の中のどこに設置するかということも、大事ですね。

たとえば…

LDK近辺にこのスペースを設置すれば、

料理をしながら洗濯物干しや畳むという行動がしやすくなり、家事動線を重視する間取りになります。

朝洗濯物を干して、夕方に食事やお風呂の準備をしながら、洗濯物を畳むというライフスタイルでは、

こちらのパターンの方が使いやすいかもしれません。

 

 

寝室+クローゼット近辺にこのスペースを設置すれば、

干したものをすぐにクローゼットにしまえたり、朝起きてすぐ身支度を整えられるようになるため、生活動線を重視する間取りになります。

夜に洗濯をまわして、浴室乾燥させたり、物干し場に乾燥機能を設置しているライフスタイルでは、

朝起きてからの身支度がスムーズなこちらのパターンが使いやすいかもしれません。