階段下の収納

整理収納のお話講座をした際、みなさん「階段下収納」に困っていらっしゃるようでした。

階段下なので、天井がななめになっている、空間と扉のサイズがあっていないなど…。

うちも階段収納はとても使いにくいスペースです。

うちではこのように使用しています。

ポイントは、

①床下収納や奥のモノを取り出すときのために、キャスターをつける

②奥にある黒い扇風機が下を通れる位置に突っ張り棚を設置して収納スペース作成

③積み重ねボックスはあまり積み重ねすぎても倒れそうだし、3段にしてしまうと一番下のボックスの出し入れがしにくくなるので2段までに。

④床下収納には、年に1、2回しか出し入れしないモノ、あるいはずっと使わないけど保管しておかかければならないモノを収納し、出し入れは基本的にはしない。

(うちは賃貸なので、リビング照明を備え付けのモノから付け替えた際に、備え付けのシーリングをこの部分に収納しました。退去するまで出すことはありません。あと、こたつ布団もここにしまっています。1回しまっても半年は絶対に出すことはないので)

上部にはもっと空間がありますが、そこはデッドスペースになっていますが

無理して使わなくてもいいかな~と思います。

個人的には、こういった収納内の上部空間は、収納スペースがどうしても足りないとなったときの、最終手段として使う空間だと思っています。(最初から棚が設置されていれば、そのまま使用しますが、突っ張り棒などでスペースを作るという場合のことです)