記憶や言葉の整理とかも整理収納とかライフオーガナイズ(?)につながるのではと

いやなふうに感じた記憶であったり、引きずっていても足枷にしかならない過去であったり、そういった記憶を収納しておくスペースを、

他の嬉しい記憶や楽しい記憶に使うために、記憶を整理したり。

言わなくていい言葉、言う必要のない言葉、自分が発散したいがためつい飛び出し、結果相手を不快にさせるであろう言葉もやめて

どうせなら自分や相手のためになる言葉だけを選ぶとか。

家庭生活なんて本当に言葉の整理収納が必要だと思います。

親しいからこそ、打ち解けているからこそ、ついつい甘えで何でもかんでも言ってしまったり。

でも自分を作り出しているのは相手やまわりの環境でもあるから、最も身近な家庭を整えるには、言葉って大事。

(もちろん心の中ではね…発散しておかないとね…)

かといって何でも良いことしか言わないわけではないですしね、言い方やタイミングですよね。

不満に思うことこそ、自分も相手もリラックスしている環境で言葉を選んで伝えた方がいいんでしょうね。

あとまあ単純に、子どもへの影響もありますしね。

私は強い言い方をしてしまうのですが、それがすごく子どもたちへ影響してて、申し訳ないですわ。