リビング学習のあとに、テーブルの上をすっきり片付けるには

リビングで宿題をしたあとは、テーブルの上が散らかってしまって困るわー😕

こんなお悩みありますよね。

空間をすっきり片付けるには、
そのための仕組み作りが必要です。

我が家で実践している方法をご紹介しますね。

【子ども部屋にあるランドセルから持ち出すモノは宿題だけ。筆記用具も下敷きも出さなくていい。】

モノを部屋から部屋に移動させることにより、本来その部屋にいないはずのモノが現れます。
そして、そのモノが元あった場所に帰らないことにより、モノが増えてしまい、部屋が散らかってしまいます。
リビングは家族が寛ぎ一緒に過ごすための部屋なので、必然的にいろんな人間のいろんなモノが増えてしまうのです。
ならば、少しでも持ち込むモノを減らしましょう。
学習で使う筆記用具、下敷き、鉛筆削り、全てを予めリビングに用意しておくのです。
そしてその筆箱は、鉛筆消しゴムのストック入れとしても使用できます。

宿題をしたあとは、子どもにはまず使用した筆記用具や下敷きをリビング学習用スペースに戻してもらいます。

このさいに、消しゴムのカスなどを掃除しやすいように小さなほうきと塵取りセットも、リビング学習用スペースの隣に用意しておくと、とても効率的です。

そして、リビングでの片付けを終えたら、宿題のみをランドセルに戻せばいいのです。

この方法ならば、リビングと子ども部屋を行き来しているモノは宿題のみですし、宿題は学校に持って行かなければならないモノなので、必ずランドセルにたどり着き、結果リビングに新しくモノを持ち込まれてそのまま居着いてしまうことを防ぐことができます。

前の記事

向日葵の部屋