向日葵の部屋

7月は梅雨が長引き気温も低めだったので、ひまわりの部屋を作ろうと思っていたのに作っていませんでした。
不思議ですね、雨が降れば早く止んでよ~と思うのに、晴れたら晴れたで暑いから曇って~と思います。

向日葵🌻をテーマにお部屋を模様替えしてみました。
今回は収納の扉をカーテンにしてみました。

ユニット畳が扉の開閉にひっかかるかも→じゃあ扉を取ってオープン収納に→いやカーテンにしよう。
前に読んだ本で、収納の扉を外してロールスクリーンにすれば、全開に出来て便利になると読んだので、
いずれそれを取り入れた間取りんぐをしたいな~と思っていたので、今回カーテンにしてみました。
私はロールスクリーンを使用したことがないのですが、あれって洗濯できるんでしょうか?
今回は天井が可愛くなっています。
格天井というものらしいです。

格天井とは、日本や中国、台湾などで多く見られる、木材を使った伝統的な天井様式です。 最も格式の高い天井様式といわれ、有名なお寺や神社、お城の天井に多く使われています。 二条城二の丸御殿や日光東照宮外陣などの格天井が有名です。 www.ohkatsu.co.jp/02.htm

この素材パースだと、木目がグラデーションになっていてナチュラルな可愛い印象だったので使用してみたのですが。
とりあえず、和風っぽい木目の天井にしたかったのです。
向日葵=黄色ですので、黄色が映えるようにアクセントカラーとして布団と畳の縁だけで使いました。
カーテンは面積が大きいので部屋に馴染むような黄緑色にしました。
夏=畳でごろごろ=扇風機というイメージで作りました。
うちも今井草ラグを敷いてごろごろできるようにしてあります、とても楽です。
夏になると畳が恋しくなります。