散らかりにくい部屋作り③収納について

整理して手元に残ったものを「次に使うときに使いやすいようにしまっておくこと」が収納です。
人はモノを使い終えると、そのモノに対する意識が弱くなります。
湯上りで暑い暑い~と汗をかいている状態で頑張って髪を乾かし終えたら、ふ~と一息つきたくなりますよね。
そしてドライヤーをついついそのままにしてしまったり(うちです)
なので、モノを使うときは「元あった場所に戻すまでは使用中」という意識を持った方がいいかもしれません。
また、使い終わったあとに元に戻している場合でも、コードがごちゃごちゃと絡んでしまうようなしまい方だと、
次に使うときにとても取り出しにくいですよね。
うちの場合は、コードを柄の部分に軽く巻き付けてから100均で売っているハンディモップスタンドに立てて、
洗面台に収納しています。他にもドライヤーやヘアアイロンがあるのですが、この収納方法だとコードも絡まらず、
立てて納めているので取り出しやすくしまいやすいです。
洗面台の奥の方にあまり使わないモノを置きいつも使うドライヤーは手前に置いてあります。


他にも爪切りやテープなど、小さくて軽いものは、引き出しの中にそのままぽいとしまうと、
引き出しの開閉をうちにコロコロ転がっていってしまったり。他のモノに隠れて見えなくなってしまったり。
小さいけど定期的に使うモノは、行方不明にならないように小さな箱に入れて収納しておくと便利ですね。

収納については、ありとあらゆる生活スタイルやモノの特性を考え出すときりがないので、
整理収納クラブでよく使うモノの収納についてのみ話す回を設けられたらな~と思います。

とりあえず、最後に簡単な収納のポイントをまとめておきますね。

使用頻度別収納
使用頻度1:毎日使うモノ
使用頻度2:2~3日に1度は使うモノ
使用頻度3:週に1度使うモノ
使用頻度4:月に1度使うモノ
使用頻度5:年に1度使うモノ
使用頻度1~3のモノがすぐに取り出しやすくなると、収納に対する不満は少なくなると言われています。
ではそんな使用頻度の多いモノはどこに置いたらいいのでしょうか?
ポイントは高さです。
腰~目線の位置の場所は最もモノをしまい易く取り出しやすい収納場所です。
次に、腰より下の低い場所、そして最後に目線より上の場所です。
よく使うモノこそ、最もしまいやすく取り出しやすい場所に収納しましょう。
しかし、子供の手の届く位置に置きたくないモノは、使用頻度が高くてもより高い場所にしまいたいですし、
全然使わない家電など大きくて重いモノは高いところに置くと危ないので、低い場所に収納したほうがいいでしょう。
また、「電池+ドライバー=電池交換セット」「はさみ+ホッチキス+テープ=文房具セット」などのように、
「あれを使うときは大体一緒にこれも使うな~」とか複数で1つの役割を果たすモノは一緒にまとめて収納しておきましょう。
これをグルーピングといいます。
また、文房具などのようにいつでもどの場面でも使う可能性の高いモノは、各部屋に1つずつ置いてもいいと思います。
はさみなんて4つも5つもいらないという人もいるかも知れませんが、1つしかないはさみをわざわざ2階から1階まで取りに行くのは
効率が悪いという考えの人もいるかも知れません。