どんな家に住み続けたいのか、それを叶えるお手伝いがしたい

Words-worthのほうで定期的に頂いているお仕事で、工務店さんの新築住宅の撮影があります。
建物が好きな私からしたら、とても幸せな仕事です。
この部屋はこんなふうに使おう、このスペースにはこれを置こう、そんなことを考えてワクワクしながら、みなさん生活を始めていきます。
でも、日常がすすむにつれ時間に追われて、気づけば物が増えて部屋が散らかってしまったり…。
それが悪いことだとは思いません、人が動けば物も動く、生活していけば変化があるのは当たり前です。
だけど、私は建物が好きだからこそ、それぞれの住まいである家を大事にしてほしいです。
部屋には与えられた役割があります、寝室は寝る場所、キッチンは料理をする場所。
その役割のために作られた部屋なんです、その役割に適さないものを置いてしまっては、部屋も散らかるし、その部屋の魅力も減ってしまいます。
持ち家だろうと賃貸だろうと関係ありません。
どんな建物にも魅力はあります、いいところはあります。 いろいろな考えや思いを集めて、いろいろな人の力を借りて生み出されたんです。
だからこそ、ご自身の住まいを大切にしてほしい、好きになってほしいです。